いまさら聞けない自衛隊についての憲法改正問題

お役立ち情報

皆さんこんにちはくろねこです

今国会では、憲法改正をするかしないかで盛り上がりを見せていますね

今回は、阿部さんがなぜ憲法を改正しようとしているのか、逆に野党はなぜ反対しているのかを分かりやすく説明していきます。

憲法改正議論の現状

 

日本国憲法は1947年の施行から2019年5月3日に、72年を迎えました

安倍首相は、改正憲法施行の目標とする2020年が来年に迫る中、戦後の平和主義を規定する9条改正へ意欲を変えずにつきとおしており、それを阻止しようとする野党と対立

自民党は①9条への自衛隊明記②緊急事態条項の新設③参院選「合区」の解消④教育無償化・充実強化の4項目の改憲条文案を策定、今秋に見込まれる臨時国会に向けて、今夏の参院選で改憲に前向きな勢力を国会発議に必要な3分の2以上の議席を確保できるかどうかに注目が集まっている

中でも特に①9条への自衛隊明記について多くの議論がなされている

9条に自衛隊が明記されるとどうなるのか

安倍首相は現在ある憲法第9条の1項、2項の次に新しく自衛隊のことを書くために3項をつくるといっています

憲法の9条は「戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認」の内容になっています

簡単に言うと、1項は「日本は永遠に戦争なんてしません」2項は「戦争しないから軍も持ちません」ということを言ってます

しかし、日本には自衛隊という、言ってしまえば戦う集団が存在します

これまで政府は、自衛隊は戦争するための集団ではないし、外国を侵略するような力を持っていないことから憲法に違反していないと主張していました

しかし、世論や憲法学者のほとんどから違憲であるとされてきました

そこで日本を守るために日々頑張っている自衛隊が違憲だとされるのはかわいそうだということから、阿部さんは3項に自衛隊を明記することによって自衛隊を合憲にしようとしているのです

しかしここで問題が生じます

法律の世界には「憲法同士が矛盾している場合には、あとから作られた憲法を優先する」という原則が存在します

もしも、3項に1項や2項と矛盾した内容が決められたならば、「戦争に参加しない」「軍を持たない」といった内容が意味をなさなくなってしまう危険性があるのです

例えば、3項に

「自衛隊は日本国民を守るためであるならば、武力の行使を行ってもよい」

という内容が定められたならば(あくまで例)

日本は、日本を攻撃する恐れのある外国に戦争を仕掛けることできることになるのです

歴史は繰り返す…

まとめ

日本の未来を左右するような重大なことが、今の国会では議論されています

安倍さんも、「1項と2項の内容を残して、3項をつくる」と言っていますが、反対派の意見では3項を作ること自体が1項2項の内容を失くしてしまう恐れがあるといっています

しかし、日本の平和を守っている自衛隊が違憲の集団とされている現状もあるため憲法を見直す必要があるのも事実

しっかりと議論して平和主義に基づいた結果になることを望むとともに、我々国民もこれまで以上に理解を深めたうえで選挙などに臨む必要があるのではないでしょうか

コメント